オスカー・ワイルドの小説『ドリアン・グレイの肖像』から。


The Picture of Dorian Gray (Penguin Classics)
Wilde, Oscar
Penguin Classics
2003-02-01



以下は、ある日のドリアンの部屋の様子です。incrust O with ~ で「Oを~で覆う」、nacre は「真珠」、guardian は「後見人」、invalid は「介護を必要とする病人」。his guardian の his はドリアンを指します。また、Lord Henry はドリアンの友人です。




On a little table of dark perfumed wood thickly incrusted with nacre, a present from Lady Radley, his guardian's wife, a pretty professional invalid, who had spent the preceding winter in Cairo, was lying a note from Lord Henry, and beside it was a book bound in yellow paper, the cover slightly torn and the edges spoiled.  

Oscar Wilde, The Picture of Dorian Gray, p. 119


解説>







On a little table of dark perfumed wood thickly incrusted with nacre, a present from Lady Radley, his guardian's wife, a pretty professional invalid, who had spent the preceding winter in Cairo, was lying a note from Lord Henry,

a present ~ in Cairo の部分を読んでいる間は、この部分が主語なのか、それとも a little table ~ nacre と同格なのかを100パーセント決めることはできませんが、was lying a note を見た時点で同格であることが確定します(a present ~ in Cairo の部分が主語だとすると、a note ~ の役割がなくなってしまうため)

この文は、a note from Lord Henry を主語とする、MVS という語順の倒置文です(Mは副詞的に働く部分)。

his guardian's wife と a pretty professional invalid はともに Lady Radley と同格。

「香りをつけられた色の濃い木で作られ、真珠の厚い層で飾られた小さなテーブルの上に、Lord Henry からのメモが載せられていた(このテーブルは、ドリアンの後見人の妻で、美しい“職業的”病人であり、その前の冬をカイロで過ごしていた Lady Radley からの贈り物であった)」


and beside it was a book bound in yellow paper, the cover slightly torn and the edges spoiled.

この文も MVS の倒置文で、主語は a book bound in yellow paper。beside it で「その横に」。

the cover 以降は独立分詞構文(主語つきの分詞構文)です。

「そしてその横には、黄色の紙で綴じられた本が置いてあった。カバーは少し破け、端の部分は傷んでいた」